アラサー女の転職チャレンジ①下準備編 転職エージェントを利用するか否か

少し前に転職したので、感想を残しておこうと思います。
あくまで個人の体験談としてお読みくださると幸いです。

スポンサーリンク

転職のきっかけ

うわっ私の年収、低すぎ? 

リアルこれです。
それ以外にも色々な不満ポイントが溜まっていたことと、中には会社だけではなく業界全体に共通した問題もあったため、「思い切って職種or業界チェンジするか!!」という結論に至りました。

目標

・年収を最低でも50万くらい上げる(元の職が低すぎたので)
・リモートワークできる環境で働きたい
・キャリアチェンジする

盛りすぎて正直「これ、実現可能……?」と思ってました。

まず最初にやったこと

今出ている求人を確認すること、すなわち転職サイトへの登録です。
これをするまでが中々腰が重たいのですが、一度登録してしまえば「転職活動してる感」が出るのでいくらか気持ちが楽になります。
筆者はひとまずリクナビNEXTさんに登録しておきました。(登録したからといって実際転職活動するかどうかは別なのでご安心を)
転職サイトは他にもたくさんあり、当然ながら取り扱っている求人も違うため、複数サイトに登録したほうが視野が広がると思います。

転職エージェントは利用したほうがいいか

転職サイトへの登録のフェーズで出てくるのが転職エージェントです。
リクナビNEXTに登録した際に「同時に登録しますか?」とオススメされたのがリクルートエージェントさんでした。
転職エージェントが転職サイトと違う点は、

・担当者がつく
・職務経歴書の添削をしてくれる
・場合によっては模擬面接を行ってくれる
・担当者がおすすめ求人をピックアップしてくれる
・企業とのやり取りを代わりにやってくれる
・スケジュール管理がしやすくなる
・悩みや質問がある場合は相談できる

の点でしょうか。

結論から言うと、筆者は転職エージェントを利用して良かったと思います。(今だから言える話、実は最初はあまり気乗りしなかったんです。全部自分でやるから大丈夫、と思ってました)
悩み相談等はあまりしませんでしたが、企業とのやりとりや日程調整など、全て自分でやっていたらと思うと気が遠くなります。
こちらも転職サイトと同じく、複数のエージェントさんに登録したほうが視野が広がると思います。

ただ、登録時に面談等を求められるところがほとんどかと思うので、一度に大量に登録するとスケジューリングが大変なことになる気がします。注意。
筆者は面談に割く時間が嫌すぎて、というか仕事の都合上時間を取ることが非常に難しい状況だったので、結局2件しか登録しませんでした。

面談では何を話すか

現在の仕事について・何故転職したいか・今後どうしたいか・どういった職に就きたいか・希望年収などを担当者さんからヒアリングされます。
面談後、それをもとにおすすめ求人を送ってくれます。

つづく
続きはまた近いうちに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク